バッテリーが上がった時の対処法

どこかに出かけて、いざ帰ろうとエンジンを掛けたらうんともすんとも言わない、スターターモーターは回るが元気がなくエンジンがかかる様子がない、こういった症状は何らかの原因でバッテリーに電力がない状態であるという事が言えます。
俗にいうバッテリー上がりというものです。
バッテリー上がりの原因としては、バッテリーの寿命やオルタネーターの故障などが考えられますが、一番多いのが電装品のスイッチを切るのを忘れてエンジンを長時間停止してしまうというものです。
車にはアクセサリー電源と常時電源というものがあって、アクセサリー電源はエンジンを止めてキーを抜いた状態では通電しないのですが、常時電源はバッテリー端子がつながっていれば常に通電している状態になっています。
この常時電源につながっているのが灯火系と呼ばれるヘッドライトやテールランプなどでこれらを付けたまま、駐車場に長時間止めてしまうことによってバッテリーの電気を使い切ってしまうという事なのです。
最近の車には、消し忘れがあっても自動的にスイッチを切るような仕組みが組み込まれていてこれらによるバッテリー上がりはかなり少なくなりましたが、それでも他の原因によってバッテリー上がりを起こす可能性があります。 Continue reading

車のボディは雨が苦手

車は、雨の日でも雪の日でも濡れずに外出できるのがいいところですが、実のところ車は雨が大の苦手です。
自然の流れの中で一番車を傷める原因となっているのが雨や雪などの水分で、ボディのほとんどの部分が鋼材で作られているため、鉄独特の反応である「錆」の原因となっているのです。
それでも雨の日でも車に乗っていられるのは、塗装のおかげなのです。
車の塗装は車種によって多少違いますが、下塗り、本塗り、クリアコートいった形で少なくても三回に分けて塗られているのです。
その3種類の塗装のおかげで鉄でできているボディは錆から守られているという事なのです。
しかし、塗装は劣化していきます。 Continue reading

ATとMT、それが重要だ!

現在の車に採用されているトランスミッションは、オートマチックトランスミッションとマニュアルトランスミッションに分けられていますが、これはあくまでもAT免許なるゴーカート免許にあわせて分けられているもので、実際にはその中間的なトランスミッションというのもあります。 Continue reading

自分に合った特約を選ぶ

最近、よくドライブに行くのだが運転中にふと思うことがある。現在、自分が加入している自動車保険は、補償となる家族(記名運転者)に父の名前だけ登録してある。 Continue reading

沢山の車屋を比べる意味

下取りにしても買取にしても複数の会社を比較するのは重要な事です。価格は一つの会社だけの価格を参考にしてしまうとそれが高いか安いのか分からなくなってしまいます。
Continue reading

車の模型を贈る

甥っ子が4月から中学生になります。小学校卒業のお祝いと、中学校入学のお祝いに車の模型をプレゼントすることにしました。甥っ子は子供の頃から車が大好きで、おもちゃも車のものばかり持っていました。 Continue reading

自動車保険に関して

車を所有すると自動車保険に加入することになる。
自動車保険の種類としては『強制保険』と『任意保険』に分かれている。
強制保険は名前の通り、誰でも入る保険である。
一方、任意保険は入らなくてはいけないというわけではないが、基本的には大抵の人は加入しているだろう。
Continue reading