フォルクスワーゲン問題で一番喜んだのは?

今自動車界で一番ホットな話題がドイツの大衆車メーカーであるフォルクスワーゲンのデータ詐称事件です。
内容的にはECUのプログラムに自動的にマップが切り替わる機能を付け、排ガステストの時だけにきれいない排ガスが出るマップに切り替え、そうでないときは到底排ガステストをクリアできないであろうマップを使って走ると仕組みを持ったことで、それによって市販車のすべてが排ガステストをクリアしていない状態で走っているということになります。
これを重く見たドイツ政府はフォルクスワーゲンの意向を無視し対象車すべてに無償修理を行う命令を出したのです。

当然ですがこの事件によってフォルクスワーゲン全体の販売台数は劇的に下がり、自動車界全体に大きな傷を残すこととなったのですが、この事件がおきて大喜びした自動車メーカーがトヨタ、世界で一番売れている自動車メーカーとしてほめたたえられたのもつかの間、すぐに後ろにフォルクスワーゲンがおり、抜くつ抜かれつのデッドヒートを繰り返していたのですが、ここ最近はトヨタが少し元気なく、2位の固定となってしまうのではないかと思われていた時にこの事件、これはトヨタにとっては非常にうれしいニュースとなりました。

それまでトヨタとフォルクスワーゲンの争いの加わるような自動車メーカーはなく、2強状態となっていたので、この2強のうち片方のフォルクスワーゲンが脱落したということになればトヨタの世界一はしばらくの間はゆるぎないものとなるのです。
事実、トヨタはフォルクスワーゲンの排ガス規制に関して前から疑念を持っていたそうです。
どこからこういった問題が明るみになったかわかりませんが、悪いことはするものではありません。
一番送りたくない相手に塩をお送らなくてはならなくなるからです。