昔のディーゼルと今のディーゼル

ディーゼルエンジンは日本においてもかなり昔から使われてきました。
自動車だけでなく、船舶や作業車両、鉄道などにも使われており、ガソリンエンジンと同様にかなり広い範囲で使われているエンジンです。
しかし、ディーゼルエンジンもガソリンエンジンと同様に進化してきており、昔ながらのうるさくて、臭くて、真っ黒な排ガスを出して走るというものではなくなってきました。

ディーゼルエンジンは、自然発火を促すために通常のガソリンエンジンに比べてかなり高い圧縮比となっています。
それによって、シリンダー内での爆発力は高く、(それがディーゼルエンジンの大トルクにつながるわけですが・・・)その分振動や騒音が高くなります。

更にディーゼルエンジン特有の燃焼方式によって黒煙や今問題になっているPMが発生しやすくなっており、ディーゼルエンジンの開発はこれらを考えながら行っているのです。
しかし、ここ最近はエコの観点からディーゼルエンジンが見直されてきており、それによって需要も出てきたおかげで、低圧縮比化(ディーゼルエンジンにしては、ですが・・・)や触媒の高効率化などによって、今までディーゼルエンジンのデメリットとなっていた振動や騒音、黒煙などをかなり抑えるものとなってきした。
俗にいうクリーンディーゼルというもので、日本ではマツダや三菱などが積極的に開発するようになりました。