レーダー探知機はレーダーだけじゃない

車を買ったら必ずつけておきたいのが、通称レーダー探知機といわれるスピード取り締まりを探知する機器です。
特にスポーツモデルや無駄にパワーを持たされている4ドアセダン車においてはもはや必需品でしょう。
当初、レーダー探知機はその名の通り、レーダー式のオービスをレーダー波を感知してその先でスピード取り締まりを行っていることを知るだけのものであったのですが、光電管や埋め込み式のスピード取締機には全く無防備なことから、最近ではGPSを利用したものがほとんどなりました。
固定式のスピード取締機であればその場所がわかればいいわけですし、移動式でもスピード取り締まる場所というのは条件があり、それなりに場所が決められていることから、オービスの位置、取り締まりを行うことが多い場所がわかれば、更に取り締まりの場所を探知することができるのです。
優れた機械ではパトカーなどが本部に位置情報を送るために瞬間的に発する電波をとらえてパトカーの位置を知ることができたり、スピード取締以外にも検問がよく行われている場所を知ることができたりするものがあります。
検問は悪いことをしていなければ何も問題はありませんが、疑いの目で見られることや検問によって引き起こされる渋滞を避けることができるのです。
高いもので5万円もするものがありますが付けておいて損はないものだと思います。